2017年4月11日

高校入試のための個別指導塾の選び方には気をつけよ

4月から新年度が始まり、新中学3年生は受験勉強がやってきます。
今まで部活を優先して、勉強をあまりやってこなかった受験生が多いと思います。
親は、部活に夢中だった子供のために少しでも勉強を始めさせようと4月から学習塾に通わせようとします。
今日は個別指導塾の選び方について2点紹介します。

個別指導塾の選び方1:無料体験で塾の雰囲気を確かめる

まず、無料体験期間で塾の雰囲気を確かめる必要があると思います。
基本どの地区にもある個別指導塾は、大学生が主体となって指導する場合が多いです。
生徒の成績を上げるために熱心に働く先生もいれば、アルバイト感覚で働く先生もいます。
個別指導塾によって先生の個々の能力が様々なので、無料体験の授業を子供に体験させ、子供の反応を必ず確かめましょう。

 

個別指導塾の選び方2:学習環境や制度を確かめる

次に、塾長の話には注意しましょう。
個別指導塾側にすれば教室運営はビジネスの一つなので、何としてでも生徒を学習塾に入塾させようとします。

特に気を付けるべきなのは「うちは完全個別指導です」という言葉です。
先生が1人に対し生徒1人という訳でなく、生徒2~4人の可能性があり、学年も別々教科も別々の可能性もあります。
学習環境や制度について聞いておかないと、後々後悔することになります。

 

個別指導塾に入っても成績が伸びない場合は

最後に、学習塾とは生徒の学習意欲を向上させるためでもあります。
なので、塾の日じゃない日も子供が勉強をやっているのかを見届ける必要があると思います。

個別指導塾に通ってしばらくしても成績が伸びないなら、塾を変える勇気も必要だと思います。
これらかの一年間を大事に見届けましょう。

Tags :