2018年8月27日

受験生に向けて今考えておいてほしいこと

受験生に向けて今考えておいてほしいこと

自分は現在大学受験を終え、大学生として生活を送っています。
その経験から大学受験期において、考えておくべきことについて述べさせていただこうと思います。

大学受験期には、様々な要因が起因して苦悩を抱えることが多いと思います。

例えば、自分の将来の夢の決定、家庭の経済的状況、自分自身の学力、学校での人間関係などが挙げられます。

もちろん、今挙げた以外にも様々な苦悩を抱え、受験期を過ごすことになると思います。
ですが、自分が思う大学受験期に最も考えるべきことは、自分が何をしたいか何をすべきかということだけであると思います。

僕の高校生時代、同級の生徒はよく、「自分は~ができない」「「自分は~が足りない」と愚痴をこぼしていました。
自分が何かをできない・何かが足りないのは自分の経験不足実力不足であることに意識的に目をそらしているような印象を僕はずっと受けていました。

僕の出身高校が、進研模試などを受験する、いわゆる自称進学校に属する高校であったこともあるとは思いますが、社会全体を通してみても、誰かを見ることで自分の弱い部分から目をそらそうとする風潮がやはり存在するといえると思います。
SNSなどでも、弱い誰かをたたくことに必死になる人はやはり多いですし、他のだれかなど知ってもメリットは少ないのにそれが流行するのはその風潮があるからだと思います。

日本がその風潮に染まりきる前に、やはり受験生の皆さんには、自分が何をしたいか、そのために何をすべきかどうかだけをまず考えてほしいなと思っています。

 

Tags :